2012/02/29.Wed

お散歩の改善。

  他犬に吠えてしまう*ぶっち*さん。
  保育所に通う前に、普段から出来ることを。・・・ということで、
  まずは、お散歩の方法を見直すことにしてみた。

  今までは、脱感作法でのお散歩。
  (刺激を受けない(吠えない)距離まで離れてあげる方法。)
  で、お散歩をしており、時には道路を渡ったり、来た道を引き返すこともあったが、
  これでは、吠えなくはなるが、慣れる事もないため、
  次のステップに進むことにしようと思う。

  私は、仲良くなって、犬同士で遊んでくれなくても良い。
  喧嘩をせずに、やり過ごせるようになれば十分だ。と思うタイプのコです。

resize3623.jpg

  工程を変えることにより、吠えてしまうことも増えるかもしれないが、
  現状維持から修正するには、仕方がないのだと思ってやってみようと思う。

  手順・・・

  ①吠えそうになる前に注意をし、気を引いたまま通り過ぎる。⇒ご褒美。
   ↓
  ②通り過ぎることが出来るようになれば、お座りをさせて待たせる。⇒ご褒美。
   ↓
  ③ランには入れないと思うが、ランの周りやワンコの多い場所を歩く。


  ①は、既に行っている行動なので、100%ではないが、出来てきた。
  徐々に距離を縮めながら、②を取り入れてみようと思う。

  この時の私の注意点に問題があったので、
  私が改善する必要がある。

  まぁ、躾けの失敗は、こんなモンだ。
  たいてい、飼い主の方法に誤りがある。

  頑張れっ!私っ!(笑)

resize3624.jpg

  注意点・・・

  ①リードは常に弛んだ状態で歩けるようにする。

  ②吠えた時にリードを後ろに引っ張ると、お腹が相手に見えてしまい、
   余計に興奮させてしまう為、引く時は横に引く。

  ③吠えてしまうのではないか。という、私の意識が強い為、
   リードから伝わってしまうので、神経質にならないこと。
  (これが大変だ!分かっちゃいるけど、意識しちゃうでしょ!^^;)

  ④私の意識を軽減する為に、しつけ用マズルを使用するのも可。
   (吠えられない。噛めないことで弱気になる。私の気持ちも楽になる。)
   見た目、可哀想な感じだが、是非試してみたい1品だ。

  ⑤早歩きなどを取り入れて疲れさせ、他犬に意識させない環境を作る。
   (私も痩せれるなっ!(笑))

  ⑥喧嘩をしそうになる前に注意する。
   喧嘩の最中や、終わってから怒っても、反省したフリはするが、直らない。
   応援しているように勘違いしたり、
   「お前のせいで怒られた!」と、逆ギレをしたり、
   注意される前に、もっと早くに喧嘩を売るようになる。・・・らしい。
    ↑
   なんとも恐ろしい話だ。ぞぞぞ。
   何がって、全て*ぶっち*&私に当てはまっているからだ。くぅーっ。


  先生曰く、怒った方がいいのか、なだめるべきなのか、
  その時の判断に迷った場合は、何もしないのが1番なのだそうな。

  間違って認識するより、現状維持のままの方がマシだからである。

  肝に銘じよう!!!!!

resize3625.jpg

  *ぶっち*さんは、興奮しやすいタイプのコなので、
  あまり、ガミガミ言うのは逆効果なのかもしれない。

  穏やかに接してやらなければならない。

  よって、注意する声も小声の低温で、動作も落ち着いて行おうと思う。
  (とっさに出来るのか?私・・・。はは。)

  他犬が来て、吠えそうなら、前に立つか、横に寄り添ってやり、
  胸や背中をゆっくり撫でて、落ち着かせてやるのがいいそうだ。

  はたして、そんな余裕がその時にあるのか疑問だが・・・。^^;

resize3626.jpg

  他犬が去り、*ぶっち*さんの気持ちも落ち着いたところで、お散歩再開となる。
  気持ちが穏やかでないまま再開すると、興奮状態のままで、
  追いかけたり、リードを引っ張るからだ。

  *ぶっち*さんの性格からして、
  疲れさすのも大事だが、走ってばかりのお散歩も、
  アドレナリンが出過ぎて逆効果だろうと思う。
  メリハリのあるお散歩を心がけよう。

  あとは、お散歩コースを同じにしない!と言われたな。 
  マーキングが酷くなったり、縄張り意識が高まるからだそうな。


  5歳を過ぎてからの見直しなので、
  きっと時間はかかるだろう。辛いと思うことも増えるかもしれない。

  だけど、少しでも変わった!と感じた時、
  これほど感動することはないのだ!



  さぁ・・・
  今日は、どこ歩こっ?




いつも応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
保育園 | Trackback(0)
 | HOME | Next »